植物の特許に関する更新

11月5日に既にご報告の通り、欧州特許庁技術審判部(案件T1063/18)は、本質的に生物学的過程により生成された植物が特許申請可能であるという驚くべき結論に達しました。

人工知能を保護できるか?

かつてはただ知能ネットワークという興味深いアイデアがあるだけでした。今ではますます多くの企業が人工知能(AI)を実用化しており、次のような大きな疑問や法的な検討点が現れています。人工知能を保護することは可能か?データの所有者は誰か?機械が傑作を生みだした場合、著作権をどう取り扱うか?

特許取得した人工知能が全く新しい世界への扉を開く

デンマーク企業Cercare Medicalは、医師による脳スキャン画像の迅速な診断を支援するアルゴリズムを基盤とする人工知能(AI)を開発し、特許を取得しました。

リンゴ、ナシ、バナナ – 商標の観点から

アップルの商標は1枚の葉っぱと歯形が付いたリンゴという最も有名な商標の一つです。しかし、その象徴的なステータスをもってしても、アップルの商標を保護することは常に容易であるとは限りません。商標が様々に受け止められるといういくつかの例をご紹介します。

植物の特許性に関する明確なルールが確立される見通しは遠い

11月5日、欧州特許庁技術審判部(案件T1063/18)は、本質的に生物学的過程により生成された植物はその特許性を保持されるべきであるという驚くべき結論に達しました。

第三者意見の効果に関するホワイトペーパー

弊社の専門家ヤコブ・シュヴェルプ・ローマンとピーター・ソゥーンセンは「欧州特許庁(EPO)とデンマーク特許商標庁における第三者意見の効果」を分析しました。

コペンハーゲン本所は2018年12月10日、Strandvejen 70へ移転します

2018年12月10日、コペンハーゲン本所はStrandvejen 70へ移転する予定です。

弊所の組織改革について

弊所CEO兼CFOのアネッテ・シーワト・リングレンは、ビジネスディベロプメント、デジタル化、CFO業務に集中するため、CEOとしての地位から退くこととなりました。

世界で唯一の存在へ

国際的企業にとって従業員は最大の資産です。 弊所は適切な人材に投資を続けています。 […]

アジアお客様向けの活動

At Plougmann Vingtoft, we assist Japanese, Chinese, South Korean, and other Asian companies in creating a coherent IP strategy for the European market. Read more […]