カテゴリー: News

Trademarks Brexit

EUをカバーする商標と意匠及びBrexitの影響

2020年12月31日に英国のEU離脱後の移行期間は終了します。しかし、移行期間が満了し、英国が完全に離脱した後は、EU商標及び意匠はどういった扱いとなるのでしょうか?[…]

プローマンヴィントフトが「グローバルIPアワードで「Firm of the year」を受賞

昨晩、プローマンヴィントフの5名の弁理士がロンドンで開催されたグローバルIPアワードに出席し、誉れある「Firm of the year」のトロフィーを授与されました。

植物の特許に関する更新

11月5日に既にご報告の通り、欧州特許庁技術審判部(案件T1063/18)は、本質的に生物学的過程により生成された植物が特許申請可能であるという驚くべき結論に達しました。

植物の特許性に関する明確なルールが確立される見通しは遠い

11月5日、欧州特許庁技術審判部(案件T1063/18)は、本質的に生物学的過程により生成された植物はその特許性を保持されるべきであるという驚くべき結論に達しました。

コペンハーゲン本所は2018年12月10日、Strandvejen 70へ移転します

2018年12月10日、コペンハーゲン本所はStrandvejen 70へ移転する予定です。

弊所の組織改革について

弊所CEO兼CFOのアネッテ・シーワト・リングレンは、ビジネスディベロプメント、デジタル化、CFO業務に集中するため、CEOとしての地位から退くこととなりました。

世界で唯一の存在へ

国際的企業にとって従業員は最大の資産です。 弊所は適切な人材に投資を続けています。 […]

アジアお客様向けの活動

At Plougmann Vingtoft, we assist Japanese, Chinese, South Korean, and other Asian companies in creating a coherent IP strategy for the European market. Read more […]

プローマンヴィントフトは2018年の最良の商標事務所に選ばれました

「Managing Intellectual Property(MIP)」誌は、その最新号にて、世界有数の商標事務所と実務家のランキングを発表しました。

プローマンヴィントフト商標チームがWTR1000にランクされました

WTR 1000は、弊所商標チーム全体の力、すなわちフレキシブルな助言と解決策の提供、そして商標法と実務に関する深い知識だけではなく、優れたコミュニケーションスキルと商業的センスを有する商標部長エレン・ブレダムの能力を強調しています。