小規模・中規模企業

小規模・中規模の企業が、自社の知的財産権戦略を再検討する際、競争力を得る機会を提案します。このセグメントの多くのクライアントは、小規模の企業内知的財産権部門を持ち、または全く持たないため、知的財産権業務はアウトソーシング先に依存しています。

会社の最も貴重な資源を共有することは、信頼の問題です。弊所は、世界的なすべての知的財産権問題において、クライアントの信頼されたアドバイザーとスパーリングパートナーとして行動します。弊所は、明細書作成、権利化、フリーダムトゥーオペレイト分析、知財管理、ライセンス、異議申立、訴訟、商標・意匠登録などの問題について助言します。

一時的に仕事量が超過するときには、弊所はクライアント全体の特許または商標ポートフォリオについての完全な責任を持ち、またはシンプルにクライアントを危機的状況から再起させる能力を有しています。どの業務も弊所にとって重要であり、困難すぎることはありません。

詳細をご覧下さい:弊所のサービス内容と専門

 

弊所は、創造的かつ柔軟で、プロフェッショナルなプロセスを通じて、クリアな知的財産権問題を定義することによって、クライアントが最終的に触れられる財務結果を生むことを手助けします。

弊所が中小企業のために、新しい知識と価値を生み出す方法について、以下よりご覧ください。


リブラトーン社: ワイヤレスサウンドシステムの市場の獲得

リブラトーン社のような新興企業が既に成熟した市場に参入するのは大きな挑戦といえるでしょう。しかし、リブラトーン社は、知的財産権を戦略的に活用することで、市場において利潤を得ることができる地位を獲得しただけではなく、一定のマーケットシェアを獲得することに成功したのです。

リブラトーン社についてもっと読みます

 

ラテック社:インテリジェント型搾乳機の特許化

Lattec_1600x1000

インテリジェント型搾乳機ラテック社(スウェーデンの企業ド・ラバル社およびデンマークの企業フォス社によって設立された合弁企業)は、群ナビゲーター(群の全ての雌牛の健康状態を日毎に分析することができる搾乳システム)を開発しました。プローマンヴィントフトは、その方法と分析に係る特許取得をサポートしました。

ラテック社についてもっと読みます

 

フレデリクスダル社:中国で国際的な商標戦略が実を結ぶ

2006年に、3人の熱狂的な紳士、地主のHarald Krabbe、ジャーナリストでありワイン目利きのMorten Brink Iwersern、およびシェフのJan Friis-Mikkelsen、が酸っぱいBirgitteに恋をしました。そのような専門家の3名の注意は、圧倒的であったかもしれませんが、「Birgitte」は、チェリーの分類の名前ではなく、Frederiksdalの地で成功に向かって成長しているものです。

フレデリクスダル社についてもっと読みます