機械工学

ヘッダー画像: Pixabay.com

多くの発明者は、自らの発明を単純すぎて特許とならない、あるいは保護に値しないものと考えます。しかしながら、弊所の経験では、最も単純な発明こそが大きな価値を生み出し保護に値します。プローマンヴィントフトは、これまで多くの企業や発明者の発明を保護し、価値ある特許の創出をサポートしてきました。

機械工学に関する特許についてのさらなる詳細は、以下の知財エキスパートにご連絡ください。あるいはお問い合わせフォームによりお問い合わせください。できるだけ早急にご回答させていただきます。

Experts