知財戦略

ヘッダー画像: G. Crescoli / Unsplash.com

貴社が既に軌道に乗っている企業、または新興企業であるかに関わらず、アイデアを商品へと変換することを目的とした、長期的な知財戦略が必要です。知財戦略は特許、商標や意匠を保護するだけではありません。適切に使用されることで、知財戦略によって新たな投資家を取得し、企業全体の価値を高めることができます。

換言すれば、知財戦略を確立すべき理由がいくつかあります。優れた知財戦略では、貴社は新たな事業機会を特定し、市場で強いポジションを獲得することができます。知財戦略は、不要な紛争を回避しつつ戦略を開発することを可能とし、かつ競合他社の既存の知財活動を分析することでもあります。

 

ご連絡を頂戴しましたら、貴社のビジネスをどのようにお手伝いできるか調査いたします

 

なぜよい知財戦略が問題となるのか

どのような局面で、企業の市場価値が良い知財戦略の影響を受けるのでしょうか?サムスンの株価は、2012年8月にアップルに特許侵害訴訟で敗北した後、約7.5%急落しました。最終判決は、一晩で12億ドルの市場価値を失う結果を生みました。

プローマンヴィントフトでは、大規模な開発プロジェクトを開始する前の最初の戦略的な考察から、実際の知財戦略を策定と実行まで、すべての面で貴社を支援します。

弊所の知財戦略サービスの例:

  • フリーダムトゥーオペレイト – 製品を市場に投入可能かの概要を得て、または該製品が、第三者が既に有する権利内容に含まれていないことの確認
  • 特許マッピング – 貴社がエネルギーと知財活動を集中すべき技術分野の概要
  • 知財の商品化 –貴社の特許ポートフォリオの商業分析・評価、協力および/またはライセンスの潜在的ビジネスパートナーの発見と関係確立
  • 既存のポートフォリオに関連した戦略コンサルティング/最適化
  • 紛争関連事案における戦略的アドバイス
  • 競合他社の活動のモニタリング
  • イノベーション促進剤 – 研究開発のための特許データベースで利用可能な知識から着想を得ましょう

クライアントの知財戦略に関して、私たちがどのように機能するかの例として、ノルウェーの新興企業Kitemillのストーリーをご覧下さい。彼らの革新的な技術と風力発電業界に革命を起こすための努力を支援しました。

貴社の知財戦略のニーズに関する非公式なディスカッションを歓迎します、お問い合わせフォームよりご連絡ください。