知財の事業化・商業化

知財の事業化・商業化とは、アイデアや発明を売買の対象とすることでアイデアをビジネスに変換することを意味します。しかし事業化・商業化への道は単純でない場合も少なくありません。

新技術からどのように価値を生み出すのでしょうか?

新製品を開発中の場合、または早期段階の技術に投資を検討している場合に、将来的/発展途上の技術の商業的可能性に関するセカンドオピニオンが得ることは有益でしょう。
プローマンヴィントフトは、技術の競争力と市場への適応の双方を検討します。これによって、技術開発の将来的な戦略を定義する際に、貴社をサポートする独立した評価をご提供いたします。
投資家の皆様にとっては、セールス可能性が最も高い初期段階の技術と最良の市場を見出すための、唯一無二のアドバンテージをご提供いたします。

知財と商業化サービスを組み合わせることで、貴社のお役に立ちます

知的財産権のあらゆる面で、商業化の専門家とトップレベルの知財および技術専門家との協力関係が、弊所の方法論を特有のものとしています。

19名の欧州特許弁理士と、ほぼ同数の経験豊富なパラリーガルを含む、知財に特化したコンサルタントから成るチームをご提供します。
お客様は、個々のニーズに合った最良のチームを選ぶことができます。

弊所はお客様の事業化・商業科活動を支援し、企業のアイデアや発明を保護し、強化する際のお役に立つものと信じております。

技術移転のための最良の選択肢は…

大学の発明を保護に関して、弊所は40年以上の経験を有しております。 大学の技術移転活動を強化し、ビジネスパートナーにとって大学との強力をより魅力的なものにすることが弊所の使命です。お客様にリソース効率の良いアドバイスを提供することに重点を置いております。弊所コンサルタントチームは、欧州の25以上の大学に関する何百ものプロジェクトに取り組んで参りました。

をクリックするか tto.eu