フュン島のドローンプロジェクトは昆虫と戦います

エコロジーに関して一般的にデンマークは成功を収めていますが、有機農法に関しては未だ課題が残されています。その1つは、化学物質以外による害虫退治です。有機作物は虫の侵入に特に脆弱であることから、虫は農家に重大な損失をもたらす可能性があります。

そんな中、有害な虫の侵入問題に対する解決策が届きました。フュン島のテクノロジースタートアップであるエコボティクス社は、生物学的な農薬を輸送して広げることができるドローンを開発し、これによって害虫防除を可能としました。

エコボティクス社のアナス・ペイタソン氏と弊所弁理士ブリアン・アナセンがオーデンセのコーテックスパークの前で、X8 + Octocopterドローンについて議論しています。
写真:ソーン・スカービュ

ドローンプロジェクトは、より効果的な生産を保証し、農作物の価値損失の削減に役立っています。結果的にこのプロジェクトは、有機食品の価格を引き下げに貢献し、より多くの消費者に有機食品へのアクセスを可能とします。

先進的発明は特許取得が必須です

エコボティクス社による新規発明は、工業部門の従業員一人当たりのロボット数が最も多い国6位にランクするデンマークの多くの革新的プロジェクトの1つにすぎません。

ドローン技術やロボット工学に特化した弊所専門家は、フュン島のスタートアップ企業による新規で魅力的な技術の特許取得の手伝いをさせて頂きました。

新規技術の欧州特許取得についてアドバイスやコンサルティングが必要ですか? 3363 9300までお電話ください、または roboticsdrones@pv.eu までEメールにてご連絡ください。